メイン

第16回GSPカップ

第16回1DAYトーナメント・GSPカップ

日時:平成20年9月15日(祝) 10:00~
会場:駒込サロン(非公開) ☆ネット中継は行います
協賛:モーツアルト 
モーツアルト
個人協賛:前野春樹 様
中継サイト:http://joshi-shogi.com/1day/

1日指しきり制のスピーディな対局でご好評いただいております「1dayトーナメント」
第16回は9月の1DAYトーナメントはGSPカップと称して、LPSA公認アシスタントインストラクター「アイリス」と協会主催の「小学生女流名人戦」「女子アマ団体戦」などで入賞した選手8名を招待いたしました。アマチュア女流棋士トップクラスの華やかで熱い戦いを全局中継でお楽しみください。

☆GSP=LPSAのメインプロジェクト「Girl's Shogi Project」の略称。小学生女流名人戦、中井塾をはじめ、女の子が将棋を楽しめるさまざまな環境作りにLPSAは取り組んでいます。GSPについての詳細はこちらをご参照下さい。

出場者は以下の通りです。

・笠井友貴(第1回女子アマ団体戦・Aクラス優勝)
・泉對直子(  〃  )
・泉對貴子(  〃  )
・鈴木真里         以上、LPSA公認アシスタントインストラクター「アイリス」
・相馬美咲(第1回女子アマ団体戦・Aクラス優勝)
・新藤仁奈(第1回小学生女流名人
・中 七海(第2回小学生女流名人
・小野ゆかり(第12代アマ女王)

071125_a_win.jpg
(女子アマ団体戦優勝:笠井友貴・相馬美咲・成田弥穂・泉對貴子・泉對直子)

・トーナメント表
gsp_cup.gif
〔1回戦〕 
 10:00~ 泉對貴子-相馬美咲/笠井友貴-小野ゆかり 
 12:00~ 泉對直子-新藤仁奈/鈴木真里-中 七海
〔準決勝〕
 14:00~ 
〔決勝戦〕
 16:00~

<対局規定>
 ・持ち時間各30分、使い切ったら一手30秒の秒読み
 ・千日手・持将棋(24点法)は先後入れ替えて指し直し

【スポンサー募集】
 毎月開催する1dayトーナメントはスポンサーを募集しております。
 日本女子プロ将棋協会の女流棋士を応援してくださる方、ネットに広告を掲載したい企業・法人の方、ご協賛をお願いいたします。
 お問い合わせは事務局まで
 (tel 03-3915-0931 e-mail info@joshi-shogi.com

1回戦午前の部

【1回戦午前の部】10時対局開始
泉對貴子さん-相馬美咲さん
笠井友貴さん-小野ゆかりさん

080915_1-1_ss.JPG
(泉對貴子さん-相馬美咲さん)

080915_1-2_ko.JPG
(笠井友貴さん-小野ゆかりさん)

080915_sentsui_t.JPG
(泉對貴子さん)

080915_soma_1.JPG
(相馬さん)

080915_kasai_1.JPG
(笠井さん)

080915_ono_1.JPG
(小野さん)

1回戦午後の部

【1回戦午後の部】12時対局開始
泉對直子さん-新藤仁奈さん
鈴木真里さん-中 七海さん

080915_tea_1.JPG

080915_tea_2.JPG

080915_1-3_ss.JPG
(泉對直子さん-新藤仁奈さん)

080915_1-4_sn.JPG
(鈴木真里さん-中七海さん)

080915_suzuki_1.JPG
(鈴木さん)

080915_naka_1.JPG
(中さん)

080915_sentsui_n_1.JPG
(泉對直子さん)

080915_shindo_n_1.JPG
(新藤仁奈さん)

準決勝

【準決勝】14時対局開始
泉對直子さん-相馬美咲さん
笠井友貴さん-中 七海さん

080915_2-1_ss.JPG
(泉對直子さん-相馬美咲さん)

080915_2-2_kn.JPG
(笠井友貴さん-中七海さん)

080915_mz_3.JPG
(参加者全員にモーツアルトのお菓子を進呈)

080915_mz_1.JPG

080915_mz_2.JPG

071117_shimai.jpg

出場選手紹介

080915_all_1.JPG
(全員で記念写真)

080915_kasai_a.JPG
 笠井友貴さん
 長崎県出身。2007-08年、第39・40期女流アマ名人戦で2年連続で優勝。同年、第1期マイナビ女子オープンにアマ代表として出場。今年はNHK「囲碁・将棋ジャーナル」の司会を務めるなど、多方面で活躍。第1回女子アマ団体戦の優勝メンバーで、1dayトーナメントは「わかばカップ」「さつきカップ」に出場しています。

080915_sentsui_n_a.JPG
 泉對直子さん
 茨城県出身。2006年、第27回学生女流名人戦準優勝。96年~98年に女流育成会に6期在籍の経験がある。獣医を目指し、目下猛勉強中。第1回女子アマ団体戦では、妹の貴子さんらとともに優勝メンバーに。1dayトーナメントは今回が初の参加となります。LPSAキッズスクールの助講師も担当しています。

080915_sentsui_t_a.JPG
 泉對貴子さん
 茨城県出身。2002年、中学生選抜選手権・女子の部準優勝。96年~98年に女流育成会に6期在籍の経験がある。中学校・高校・大学とバスケットボール部に所属。第1回女子アマ団体戦の優勝メンバーで、1dayトーナメント「さつきカップ」では北尾初段のチームで出場。

080915_suzuki_a.JPG
 鈴木真里さん
 東京都出身。2001年、第33期女流アマ名人戦優勝など、アマ大会で優勝経験あり。97年~2001年に女流育成会に11期在籍。好きなスイーツはあんみつ。第1回女子アマ団体戦に「おたべ会」チームで出場し、準優勝。「さつきカップ」では神田初段チームで出場。

080915_soma_a.JPG
 相馬美咲さん
 青森県出身。2007年、キリンビバレッジカップガールズクラス優勝、第28回学生女流名人戦優勝。また2007年・2008年の東日本学生女流名人戦で連続優勝を果たしています。現在、青森・八戸高専に在学中。第1回女子アマ団体戦で、優勝メンバーに(チーム名は「合計体重0.2トン」)。1dayトーナメントは今回が初の出場となります。

080915_ono_a.JPG
 小野ゆかりさん
 東京都出身。2007年、アマ女王戦Aクラスで優勝し、第12代アマ女王に。同年、第1期マイナビ女子オープン予選にアマ代表として出場し、1勝を挙げました。第1回女子アマ団体戦に「棋友館A」チームで出場し、第3位。第40期女流アマ名人戦3位。1dayトーナメントは今回が初出場となります。

080915_shindo_n_a.JPG
 新藤仁奈さん
 群馬県出身。2006・07年、2年連続で小学生名人戦・群馬大会で優勝。得意科目は英語と算数。現在、中学1年生。第1回小学生女流名人戦で優勝し、見事、初代小学生女流名人の座に。1dayトーナメント「わかばカップ」では、準優勝の大活躍を見せました。

080915_naka_a.JPG
 中七海さん
 兵庫県出身。2007年、小学生倉敷王将戦(低学年の部)で兵庫県代表。2008年は小学生倉敷王将戦(高学年の部)・小学生名人戦で兵庫県代表に。将棋を覚えたのは小学1年生のとき。得意戦法は四間飛車、好きなプロ棋士は井上慶太八段。第2回小学生女流名人戦で大阪代表として全国大会に出場し、見事優勝。今回は、第2代小学生女流名人として出場です。

第16回GSPカップ決勝

【決勝】16時対局開始
笠井友貴さん-相馬美咲さん

動画ライブ中継・対局者(別ウィンドウ)

080915_kasai_3.JPG
(先手は笠井さん)

080915_soma_3.JPG
(後手の相馬さんは横歩取りに誘導)

 第16回1dayトーナメント「GSPカップ」の決勝戦は笠井友貴さんと相馬美咲さんの対戦になりました。ふたりは今までにも学生女流名人戦決勝など、何度も対戦している間柄です。本局も熱戦が期待されるでしょう。

 笠井さんは昨日行われた第40期女流アマ名人戦で優勝し、見事2連覇を飾りました。今日は3局連続の先手です。準決勝の中七海さんとの対局は本当に大熱戦で、感想戦では「強い」を連発していました。
 相馬さんは昨年の学生女流名人。高専の全国大会では女流戦で無敵を誇っており、東日本学生女流名人戦でも2年連続優勝しています。笠井さんも相馬さんも、今日の優勝候補の本命だったと思います。

080915_pc_1.JPG
(ネット上に公開されている棋譜をチェック)

080915_pc_2.JPG

 今日の出場者はみんなで準決勝の棋譜をネット中継画面でチェックしていましたが、16時直前になって「あれ? もう4時だよ」と笠井さんが言ってあわてて対局準備。あらかじめ振り駒をしており、笠井さんの先手と決まっています。
 駒箱を開けたのは笠井さんでしたが、さっきは相馬さんの振り歩先だったし…という成り行きで王将を相馬さんに譲っていました。決勝戦も個人協賛の前野さんの挨拶で対局開始です。

080915_f_ks.JPG

 ふたりとも居飛車党なので相矢倉かと思われましたが、横歩取り8五飛になりました。序盤から大駒が派手にぶつかりあう将棋なので私にはとてもとても指しこなせません。
 関係者控え室では中井女流六段と石橋女流王位による「無言の解説会」が始まりました。ホワイトボードで仕切られているだけなので、声が聞こえてしまうからですね。パントマイムのようです。
 32手目の△8八角成では△8六歩と合わせていく手を石橋女流王位が示していました。本譜の△8八角成は珍しいそうです。
 37手目の▲2九飛では▲1六飛も考えられましたが、△1四歩で忙しいでしょうか。すでに敗退した選手もネット中継と大盤解説を熱心に見つめています。

---------------

 ところでこの観戦記は対局とほぼ同時進行で書いています。先ほど準決勝のネット中継も担当させていただきましたが、本当に忙しい。30秒将棋となるとなおさらです。対局しているときも「30秒って短い!!」と思うのですが、キーボードから文字を打たなければならないのは本当にプレッシャーです。誤植も心配ですし。
 と先に終盤戦への言い訳を書いておきまして(笑)本局に視線を戻します。大盤では今日出場した小野さんが呼ばれ、聞き手をしています。といっても無言の解説会です。いつしか大盤近くに何人も集まった小声の検討になっています。

 37手目▲2九飛の局面で相馬さんが長考。大盤では△7五歩を中心に検討されていました。ふと小野さんが「7四歩って取られたらまずいんですか?」と質問。中井さんは笑顔で「ううん、まずくない」。▲7四角と出られても△8四飛と引けるので、すぐにどうということはなさそうです。観戦している今日の出場者の皆さんは実力者ばかりですが、横歩取りを指さないそうなので少し勝手が違うようです。

 相馬さんが選んだのは△5四角。3六と7六をにらむいい場所です。対して笠井さんは▲2四歩と垂らしました。こういうじっくりした手を指されると焦ります。

 今日は個人協賛の前野春樹さんも観戦に訪れています。前野さんは棋力こそ10級に満たないとおっしゃっていますが、情熱は将棋ファン一??です。将棋ファンになるきっかけは佐藤康光竜王-羽生善治挑戦者の竜王戦決着局のBS中継を偶然見たこと。その後、毎週NHK杯トーナメントの放送をチェックするようになったそうです。
 前野さんは横歩取りや角換わりといった激しい将棋を見るのが好きということで、本局も大好きな展開になったようです。
 それにしても個人協賛ってできるんですね。今日のネット中継をごらんのあなたもいかがですか? 私はかなり厳しいです。

 先手は▲2五飛の形になれば▲2三歩成が実現しますが、相馬さんは△7五歩。飛車の横利きを止めるので勇気のある一手です。大盤で検討していたGSP勢(?)は▲7五同歩を中心に検討していました。後手からの早い手がないということでしょうか。▲2五桂は、桂馬を渡すと△6四桂があるから指しづらいと見ています。大盤に戻ってきた石橋女流王位は局面を見ると、じーっと黙っていました。まだまだ難しいのでしょうか。その表情は厳しいものでした。

---------------
 ここで残念なお知らせがあります。せっかく私がリアルタイムで書いているのに、サーバーが重くなってしまって掲載できないそうです…。寂しいですね。1dayトーナメントでこんなにサーバーが重くなってしまったのは初めてだそうで、アマチュア女流選手がこれだけ注目されているのは大変うれしいことです。
 アップはできなくても書くだけ書いていきます。よろしくお願いします。

 普段は笑顔いっぱいの笠井さんですが、対局中はきりっとした表情を見せます。口が真一文字で、まっすぐに盤面を見つめています。
 相馬さんは対局中とは思えないほんわかした雰囲気を持った方です。準決勝ではゆったりと椅子に座る姿が印象的でした。

 40手目△7五歩に対して笠井さんは10分以上長考しました。全持ち時間の3分の1.単純計算では持ち時間6時間の順位戦なら2時間以上考えていることになります。笠井さんは1回戦でも準決勝でも、勝負所と思ったところで惜しみなく時間を注いでいました。そして45手目に▲2五桂を決行。秒読みの大熱戦です。
 秒読みの音が鳴る中、なんと誰かの携帯が鳴りました。一瞬凍りつく面々。でも誰かが「…ゆきちゃん??」 控え室に置いてあった笠井さんの携帯が鳴ってしまったようです。思わずみんな微笑みました。

---------------
44手目の△7六歩は緩手だったようです。▲2五桂から攻めが切れない形になりました。時間にしてわずか10分ほど。笠井さんの攻めは確実で厳しく、サーバーが落ちている間に終局してしました。終盤にサーバーが重くなることはインターネット中継では大問題ですが、終盤が二転三転で面白い将棋の特徴から仕方のないことといえます。今回のGSPカップ、過去最高のアクセス数だったそうです。

 終局後の感想戦は、優勝した笠井さんが石橋女流王位や中井女流六段とやり取りするような形で行われました。32手目の△8八角成では△5五飛▲4五歩△5四飛▲3三角成△同桂▲6六歩△8四飛が定跡とのこと。本譜はその定跡に比べて少し先手が得している形なので「こっちがよくなるかなと思った」と笠井さんの感想がありました。

 38手目に相馬さんは長考の末△5四角と打ちましたが、結果としてこの角が最後まで働かずに終わってしまいました。ここでは△5四歩として先手の角をいじめにいくのが有力だったそうです。(1)▲4八金と中央を厚くしたいですが、それは△5五歩で角がせまくなり、後手が指しやすいようです。(2)▲2四歩は△5五歩▲3四角△7五歩▲2五桂△5六歩▲同歩△2五桂▲同飛△3三金で後手が指せそう。(3)▲6六歩△5五歩▲6七角△7五歩でいい勝負ということでした。
 また44手目△7六歩では△8六歩のほうがまだ難しかったようですが、▲同歩△同飛▲8七歩△6六飛▲6七歩でやはり先手が勝っているそうです。

 61手目の▲7三銀が明快な決め手。笠井さんは2度目の1dayトーナメント出場で見事優勝を飾りました。昨日の女流アマ名人戦に続いて2日連続の栄冠になります。
 短手数で濃密な将棋でした。観戦記は駆け足になってしまい、対局の魅力を十分に伝えられたのかわかりません。でも1日中観戦してくださった方が多く、ネット中継でスピーディーな1dayトーナメントを楽しんでいただけたと思います。
 来月からもあんな企画やこんな企画が待ち受けているそうです。これからもますます楽しみですね。私も大阪から1dayトーナメントの発展を期待しています。


(リアルタイム観戦記・諏訪景子)

優勝は笠井友貴女流アマ名人!

080915_kasai_5.JPG
(前日の女流アマ名人戦につづいて快進撃!笠井アマ)

080915_prize.JPG
(準優勝は相馬美咲さん)

住まいと保険と資産管理
%EF%BC%88%E6%A0%AA%EF%BC%89%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%AE%EF%BC%A1%EF%BC%B0%EF%BC%A1%EF%BC%A7%EF%BC%A1%EF%BC%B2%EF%BC%A4%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC201305.jpg
テラスデザイン研究所
山青貿易株式会社
社団法人 此花工業会
株式会社シュバリエ
城東クリニック
有限会社ボタニカ
モーツアルト
有限会社ナレッジデザイン
北の自然菓 柳月
蒲刈カップ
蓋井島へ行こう
ライブログ
パールファクトリー

Powered by
Movable Type 3.35


このブログのフィードを取得
[フィードとは]



Copyright© 2008-2014 The Ladies Professional Shogi-players' Association of Japan. All rights reserved.